将来を考える

結婚や出産で離職する女性も多いと思います。
育児休暇が設定されている企業もありますが、まだまだ少ないのが現状です。
生まれたばかりの子供を預かってくれる保育所を探すのも大変だとも言われています。
女性の職種としては一般職から専門職まで多数ありますが、このよううな育児に対応している、また対応の早い職場は限られています。
一般職の場合は良い職場環境のところは少なく、出産と共に退職をせざるを得なかったり、また復職が出来ない企業が殆どのようです。
近年になって、出産や育児で退職した女性をパートで再雇用するというところも少しずつですが増えてきました。
離職前のような雇用条件ではありませんが、新しい職を探すよりも以前の職場に戻る方が安心ですし働きやすいと思います。
専門職の場合、育児に良い環境を整えているところも多くあります。
看護師などの医療関係の場合、病院内に保育所があったり、近隣の保育所と提携していることがよくあります。
これは医療関係のスタッフが不足していることが大きく関係しており、働くママを集めるために育児支援付きの看護師の求人が多いのだと考えられます。
雇用する人数と、退職する人数とがあまり変わらない医療機関もあります。
出産などでやむを得ず退職した人を、パート勤務でも雇用することが出来れば他の人の負担も軽くすることが出来ますし、人件費としても安く済むのが理由の一つかもしれません。
女性であってもこのように資格や免許を持っていることで、人生において有利に進めることが出来ることもあります。
もちろん、利点だけが職業を選ぶポイントにはなりませんが、自分の人生設計を考え、将来のことを考えて職業を選ぶのも良いのではないでしょうか。
育児をしながら働いている女性の意見も参考にすると良いでしょう。

Write a comment